イエモト日記

自分ならではの目線で物事をとらえます

ガニガン・ロペス(ボクシング)の戦績!身長やリーチは?【拳四朗世界戦】

   

どもども。イエモトンだよ。

 

5月25日にプロボクサー「拳四朗(けんしろう)」が3度目の防衛戦に挑みます。

 

今回は対戦相手の

「ガニガン・ロペス」

に注目していきたいと思います!

<スポンサーリンク>

拳四朗のプロフィール!

まず先に、チャンピオンである拳四朗のプロフィールを見ていきましょう!

  • 本名:寺地拳四朗
  • リングネーム:拳四朗(けんしろう)
  • 誕生日:1992年1月6日(26歳)
  • 出身:京都府城陽市
  • 階級:ライトフライ級

2014年8月4日にプロデビュー。

現在の戦績は「12戦12勝6KO」と完璧な数字です。

 

では戦績を見てみましょう!

  1. ヘリ・アモル:6R 判定勝ち(3-0)
  2. ファウワナイ・ウォースラポー:2R 1:01 TKO勝ち
  3. 長嶺克則:7R 1:40 KO勝ち
  4. 大前貴史:4R 0:59 KO勝ち
  5. ロリー・スマルポン:3R 0:46 KO勝ち
  6. 堀川謙一:10R 判定勝ち(3-0)
  7. 角谷淳志:1R 2:53 TKO勝ち
  8. 大内淳雅:12R 判定勝ち(3-0)
  9. レスター・アブタン:3R 1:57 TKO勝ち
  10. ガニガン・ロペス:12R 判定勝ち(2-0)
  11. ペドロ・ゲバラ:12R 判定勝ち(2-0)
  12. ヒルベルト・ペドロサ:4R 1:12 TKO勝ち

となっています。

 

気づいた方も多いかと思いますが、「ガニガン・ロペス」とは一度対戦し、勝利を収めています。

つまり今回は再戦ということになりますね。

 

前回は判定でしたので、今回はKO勝ちを見たいところです。

<スポンサーリンク>

ガニガン・ロペスのプロフィール!

画像引用:ツイッター

では続いてガニガン・ロペスのプロフィールを紹介していきましょう!

  • 本名:ガニガン・ロペス
  • 誕生日:1981年11月12日(36歳)
  • 国籍:メキシコ
  • 階級:ライトフライ級

デビューは2003年8月7日。

現在の戦績は「36戦29勝17KO」となっています。

 

一般的にこの数字は立派なんですが、やはりさきほどの拳四朗と比べると、「結構負けているな」という印象ですね。

 

では戦績を見ていきましょう!

  1. ガブリエル・ラミレス:4R判定勝ち(3-0)
  2. オスカル・サトゥルニーニョ:4R判定勝ち(3-0)
  3. オスカル・サトゥルニーニョ:4R判定負け(0-3)
  4. サンドロ・ロドリゲス:4R判定勝ち(3-0)
  5. マヌエル・ルイス:4RTKO勝ち
  6. アンヘル・レサゴ:6RTKO勝ち
  7. ビセンテ・エルナンデス:4R判定勝ち
  8. フアン・パラシオス:10R判定負け(0-3)
  9. ウィサン・ソースチャンヤ:7RTKO勝ち
  10. アントニオ・ガリバイ:4RTKO勝ち
  11. ビセンテ・エルナンデス:9RTKO勝ち
  12. ビセンテ・エルナンデス:6RTKO勝ち
  13. フアン・デ・ディオス・ゴメス:3RTKO勝ち
  14. ラウル・ガライ・カレオン:1RKO勝ち
  15. ホセ・アルフレド・スニガ:12R判定負け(1-2)
  16. ホセ・アルフレド・スニガ:3RTKO勝ち
  17. アドリアン・エルナンデス:10R判定負け(1-2)
  18. ヘラルド・ピノン:11RTKO勝ち
  19. オマール・ソト:12R判定勝ち
  20. アルマンド・トーレス:12R判定勝ち
  21. ミゲール・テレス:2RKO勝ち
  22. オマール・ロサレス:7RTKO勝ち
  23. ホスエ・ベガ:5RTKO勝ち
  24. サムエル・ガルシア:TKO勝ち
  25. デンバー・クエリョ:2RTKO負け
  26. ルイス・セハ:12R判定勝ち
  27. ホスエ・ベガ:3RTKO勝ち
  28. マテオ・ハンディグ:12R判定勝ち
  29. マリオ・ロドリゲス:12R判定勝ち
  30. へナロ・リオス:3RTKO勝ち
  31. ペドロ・ゲハラ12R判定負け(0-3)
  32. フアン・ルイス・ロペス:4RTKO勝ち
  33. 木村悠:12R判定勝ち(2-0)
  34. ジョナサン・タコニン:12R判定勝ち(3-0)
  35. 拳四朗:12R判定負け(0-3)
  36. エフレン・バウティスタ:7RTKO勝ち

となっています。

かなり判定勝ちが多いですね。

また、敗戦のほとんどが判定負けです。

 

これはつまり「タフネス」ということ。

前回の拳四朗戦も12Rの判定負けですからね。

「パンチ力のある拳四朗に倒されなかった」という見方ができます。

 

再戦ということは、ガニガン・ロペス側は「拳四朗対策」をしてくるはずなので、これは注意が必要でしょう!

<スポンサーリンク>

 - スポーツ