イエモト日記

自分ならではの目線で物事をとらえます

穂坂泰(ほさかやすし)の学歴や経歴は?埼玉4区に自民党から出馬!

   

穂坂泰(ほさかやすし)が衆院選で注目の埼玉4区で立候補!

世間では衆院選の話題で持ちきりですね。

ただ、正直なところ政治のことに詳しくないので、何がなんだかさっぱりです。

 

投票はしないといけないので、誰かを選ばないと・・・。

 

ということで、最近はいろいろなニュースを見るようにしています。

で、そんなときに話題になっている区があると聞きまして。

 

それが

 

埼玉4区

 

何が話題かって候補者を見たら、すぐに分かりました!

豊田真由子さんがいるからなんですね!

 

政治に疎い自分でも知っています。

いろいろ話題になりましたから!

 

これまで埼玉4区は豊田真由子さんの一強って感じだったんですが、今回はどうでしょうかね。

豊田さんが自民党から離党したことで、今回は無所属で出馬となりましたし。

 

そんなこともあり、埼玉4区は激戦区になっているみたいですね。

 

で、その埼玉4区に豊田真由子さんの代わりに自民党公認で出馬したのが

 

穂坂泰(ほさかやすし)さん

 

自民党の後押しでどこまで票を伸ばせるか、注目ですね。

 

そんな穂坂泰さんについて自分なりに調べていきたいと思います!

 

※当サイト・ブログでは、特定の候補者を応援・貶める意図はございませんことをここに明記いたします。

また、見解等に関しましても、あくまで私個人の見解にすぎません。

穂坂泰のプロフィール!

画像引用:www.yomiuri.co.jp/

こちらが穂坂泰さん

漢字が少し難しいので、選挙ポスターなどでは「ほさかやすし」とひらがなで書いていますね。

 

それでは穂坂泰さんのプロフィールを見ていきましょう!

  • 名前:穂坂泰
  • 生年月日:1974年2月17日(43歳)
  • 出身:埼玉県志木市
  • 学歴:青山学院大学理工学部経営工学科卒業 → 帝京大学大学院卒業

プロフィールの補足ですが、穂坂泰さん父親である穂坂邦夫さんも、政治家なんです!

2001年には志木市の市長にもなった方!

 

そんな父親を見ていたからこそ、穂坂泰さんも政治家を志したんでしょうね。

 

さて、穂坂泰さんですが、一番すごいのが職歴・活動歴!

  • 新座志木倫理法人会会員
  • 市民文教都市常任委員会副委員長
  • 志木市老人保健福祉計画審議会委員
  • 税理士資格・社会福祉法人 学校法人 理事

といったものから、

  • 志木市立志木第二小学校PTA会長
  • 地域DE子ども見守り隊隊長
  • 志木二小・四小おやじクラブ会員

といったものまで、幅広く活動しています。

まさに地域密着といった感じでしょうか。

 

そんな活動もあって、2016年に行われた志木市議選挙では、

無所属ながら3669票を獲得して、トップ当選しています!

 

さすがですね!!

<スポンサーリンク>

穂坂泰の政策は?

そんな穂坂泰さんですが、気になるのはやはり政策ですよね!

この人が議員になったら、どんな活動をされるのか。

 

ということで、調べていきましょう!

 

まず、穂坂泰さんが一番掲げているのが、

 

「もっと住みやすい社会に。」

 

です!

 

これって選挙ではよく見る、ある意味当たり前のことではあるのですが、

穂坂泰さんが言うと信憑性がありますね!

これまでに地域密着の活動をされていた方ですから!!

 

穂坂泰さんのHPでも

  • 少子高齢化社会への対応
  • 充実した子育て支援や教育環境づくり
  • 地域の資産を活かしつつ、更なる振興
  • 外交・安全保障への徹底した対応
  • すべての女性の皆さんの目が輝き、活躍できる社会づくり
  • 困っている人をみんなで支えあう社会づくり

これを全力投球で行うと宣言していますね!

 

議員になってもきっと継続してくれることでしょう!

これは期待したいですね!

<スポンサーリンク>

まとめ!

穂坂泰さんにとって、初の衆院選となりますが、どこまで票を獲得できるでしょうか。

 

好きなことばが

「まず、やってみる」

ということで、行動力のある人というのは好かれますからね。

 

自民党公認ということもあり、注目したいところです!!

激戦の埼玉4区、いったいどうなるのでしょうか。

 

青柳仁士(あおやぎひとし)の経歴・学歴や政策は?過去の衆院選も!

三輪麻美(元客室乗務員)の経歴や学歴は?埼玉3区に希望の党から立候補!

 

今後の動向が楽しみですね!

また詳細が分かり次第、更新していきたいと思います。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

<スポンサーリンク>

 - ニュース