イエモト日記

自分ならではの目線で物事をとらえます

新田善雄(HKT48のストーカー)は過去に逮捕歴あり?狙われたメンバーは?

   

HKT48のストーカーした疑いで逮捕!

何かと物騒な世の中になってきた。

 

アイドル関連の事件が2日連続!

これは恐ろしい。

 

昨日は欅坂46の握手会での事件で騒がせたと思ったら、

本日はHKT48のストーカー事件。

アイドルグループ「HKT48」のメンバーの自宅付近を車でうろついたとして、福岡県警南署は25日、ストーカー規制法違反の疑いで、福岡市の職業不詳の男(44)を逮捕した。署によると「(メンバーのことが)好きだった。会えるかもしれないと思った」と容疑を認めている。
逮捕容疑は、5月29日~6月22日ごろ、メンバー(18)の自宅アパート付近を、低速走行の車でうろつくなどした疑い。
男は、約3年前から握手会に通っており、メンバーと面識があった。5月29日深夜にメンバーの母親が、不審な車がアパート前のごみを持ち去ったことに気付き、同30日に署に届け出ていた。

引用:http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017062501001614.html

 

ファンになるのはいいことだが、その超えてはいけない境界線がわからなくなってしまっているだろうか。

怖いことだ。

<スポンサーリンク>


新田善雄とは何者?

今回逮捕されたのは

「職業不詳、新田善雄容疑者」

 

ニュースによると、3年前からのファンで、福岡から東京まで握手会に行くほどだったのこと。

そして、HKTメンバーの自宅が分かってからは、家の近くをウロウロするように。

 

また、メンバーの自宅から出たごみを持ち去っていたとのこと。

家族が福岡県警南署に相談したのは5月29日だが、おそらくもっと以前から犯行をしていたことが推測されている。

 

そして、今回ついに逮捕するに至ったというわけだ。

 

この新田善雄容疑者現在44歳

 

分かっているのは

福岡県福岡市中央区梅光園2丁目

に住んでいるということ。

あまり広くないエリアなので、すぐに特定されそうなものだが

まだ、顔写真など、本人を特定する情報は出ていない。

 

しかし、以前の事件でこんなものを発見。

 

教え子だった女子大生の部屋に侵入し写真を盗んだとして、熊本県警熊本北署は9日、福岡県春日市上白水、元塾講師新田善雄被告(35)を住居侵入と窃盗容疑で再逮捕した。

発表によると、新田被告は昨年10月13日午後2時頃、熊本市黒髪の大学1年女子学生(19)が住むアパート4階の部屋に、ベランダを伝って侵入、女子学生の中学生時代の写真1枚を盗んだ疑い。

新田被告は、女子学生が中3時に通っていた福岡市内の塾の講師だった。女子学生が熊本市内の大学に進学したことを知り、自宅を調べて昨年7月から隣室を借りていた。塾が休みの日に隣室に来ては、女子学生の部屋に侵入し、部屋の様子を撮影したり、物を盗んだりしていた。

新田被告のパソコンには、高校進学後の女子学生の写真や、尾行記録が保存されていた。「好意を持っていたが、声を掛けることができなかった」と話しているという。新田被告は1月9日、女子学生の部屋に侵入したとして、住居侵入容疑で逮捕され、同罪で熊本簡裁に起訴された。

引用:http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/316340.html

 

同じ福岡県の同姓同名による犯罪。

事件は8年前35歳の犯行とのことで、誕生日によっては年齢的にも矛盾はない。

 

もちろん同一人物かどうかは特定できていないが、可能性としては十分に考えられる。

 

もしこれが本人ならば、恐ろしいことである。

<スポンサーリンク>

狙われたメンバーは?

さて、さきほどからHKTのメンバーだと記載しているが、

そのメンバーは一体誰なのか。

 

今回分かっている情報は18歳ということだけ。

HKTで現在18歳なのは

  • 村重杏奈 チームKIV
  • 運上弘菜  研究生
  • 堺萌香  研究生
  • 若田部遥  チームH
  • 山下エミリー  チームTII
  • 外薗葉月 チームTII
  • 小田彩加  研究生
  • 井上由莉耶  チームH

研究生も含めてこのメンバーとなる。

 

この中の誰なのかはまだ発表されていないが、東京で握手会が行われていることを考えると研究生ではなさそうだ。

人気から考えると外薗葉月や村重杏奈あたりの可能性が高い気もする。

 

しかし、これはあくまでも予想になっているので、公式の発表を待ちたいと思う。

 

それにしても恐ろしい事件だ。

ファンとしてのルールは正しくしなくてはいけないと改めて痛感した。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

<スポンサーリンク>

 - 芸能