イエモト日記

自分ならではの目線で物事をとらえます

吉原義人(よしんど)のプロフィールや経歴は?刀鍛冶職人をチェック!

   

<スポンサーリンク>

日本刀鍛錬道場代表が情熱大陸に出演!

どもども。イエモトンだよ。

 

子供のころはチャンバラごっこで遊んでいました。

その影響で、ドラマやアニメなどで「刀」を見ると、食いつくようにテレビを見てました!

 

今ではいい思い出ですw

 

さて、そんなことを思いながらテレビ番組表を見ていたら、「情熱大陸」刀鍛治職人の方が取り上げられていました!

 

その方の名は

吉原義人(よしはら よしんど)さん

 

現在日本には300人程の鍛冶職人がいるようなのですが、吉原さんはその職人の中でもトップクラスの方とのこと。

 

一体どんな人なのか。

 

早速調べていきたいと思います!

吉原義人のプロフィールや経歴をチェック!

まず、吉原義人さんですが、

 

1943年2月21日生まれということで、なんと現在74歳

しかし、まだまだ現役で活動されているすごい方!!

 

そんな吉原さんの経歴をチェックしていきましょう!

 

吉原さんは、東京都葛飾区で刀鍛冶を代々営んでいる家に生まれました。

しかし、1946年6月に施行された銃砲等所持禁止令によって、物心がつくころには刀の所持や製造ができない状況でした。

 

その約10年後、吉原さんが12歳の頃に刀づくりが解禁されることになります。

それを受けて、叔父が刀鍛冶を再開したのをきっかけに、吉原さんも手伝うことに。

 

そこから刀鍛治に熱中し、1965年には文化庁認定刀匠となります。

その後も高松宮賞や文化庁長官賞など数々の賞を受賞するなど、世間に認められていきます。

 

そして、1982年には史上最年少(39歳)で無鑑査認定を受けます。

 

この無鑑査認定とは

「文科省の鑑査なしで刀鍛冶の認定が可能な認定資格」

でして、選ばれた人にしか与えられない希少な資格なんです。

 

その後も良品を作り続ける吉原さんは海外でも評価が高く、「メトロポリタン美術館」「ボストン美術館」でも展示されました。

 

そして何よりもすごいのが、20年に1度の「伊勢神宮の御神刀」3度の指名を受けているんです。

国が認めた刀鍛治ということですね。

 

現在も「日本刀鍛錬道場」の代表として、海外展開や出版活動など、日本刀文化の普及に努めています。

 

まさに生ける伝説!。

ちなみに人間国宝に最も近い職人とのことで、今後も楽しみですね!!

 

最後までご覧いただき、ありがとうござました!

<スポンサーリンク>

 - 芸能