イエモト日記

自分ならではの目線で物事をとらえます

辻口博啓のメレンゲアートがすごい!プロフィールや経歴もチェック!

   

ケーキの画像

世界まる見えに出演の辻口シェフがすごい!

どもども。イエモトンだよ。

 

最近はやっと暖かくなってきて、食欲が倍増しております。

普通にご飯食べても何か物足りなくて、デザートを食べてしまうのが習慣になってしまいました。

 

デザートは別腹というのは本当だったんだと実感しましたw

最近はシメパフェというのが流行っているみたいですしね(*´∀`*)

 

さて、そんなデザート界で世界が注目しているパティシエがいるんです!

 

それが、

 

辻口博啓さん

 

辻本さんはパティシエとしての実力はもちろんなんですが、

もう1つ話題になっているのが

 

「メレンゲアート」

 

なんです!

 

非常に気になりますね!

早速調べてみましょう!

<スポンサーリンク>

辻口博啓のプロフィールや経歴!

さて、まずは辻口博啓さんのプロフィールをチェックしていきましょう!

 

1967年3月24日生まれ。

実家は石川県七尾市にある和菓子屋「紅屋」。

ショートケーキの美味しさに感動し、洋菓子職人を目指す。

 

高校卒業後は菓子職人として働き、

  • 「全国洋菓子技術コンクール」優勝
  • 「50周年記念全国洋菓子コンクール」総合優勝
  • 「東日本洋菓子コンクール」マジパン部門 優勝
  • 「クープ・ド・フランス インターナショナル杯」優勝
  • 「クープ・ド・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー(パティスリー世界大会)」飴細工部門個人優勝

など、様々な大会で優勝!

 

そして、1998年に独立し、「モンサンクレール」というお店を開くことに!

その後も、和スイーツ専門店「 和楽紅屋」や、豆スイーツ専門店「 Feve(フェーヴ)」など、様々なお店を展開しています!

 

 

また、2012年には「スーパースイーツ製菓専門学校」が開校し、校長を勤めています。

 

その後もパティシエとして、「サロン・デュ・ショコラ」で「ゴールドタブレット(金賞)」を受賞するなど、多くの名声を集めています。

また、書籍の出版もしており

 

 

こういう本を見ていると、本当にスイーツが好きなのが伝わりますね~。

 

それにしても、改めて振り返ってみると、すごい経歴ですね~。

 

ちなみに、職人さんと聞くと「なんだか気難しい人」という印象を受けがちですが、辻口さんは非常にフランクで優しい方のようですよ(*´Ο`*)

 

ちなみにお店ですが、

 

と、非常に混みあっているようですヾ(。>﹏<。)ノ

また、ケーキはすぐに売り切れになることも多いようです。

 

それでも一度は、こんな人が作ったスイーツを食べてみたいものです!

<スポンサーリンク>

メレンゲアートがすごい!

メレンゲの画像

画像引用:cookpad.com/

そして、そんな辻口さんの代名詞として使われるのが

 

「メレンゲアート」

 

なんです。

 

ちなみに知らない人のためにちょっとだけ説明を!

 

まずメレンゲというのは、

「卵白に砂糖を入れて泡立てたもの」

です。

白いふわふわしたものなんですが、スポンジケーキを焼いたり、バタークリームやムースを作る時に入れることで、非常に食感が滑らかになります。

 

そんなメレンゲを使ったアート作品のことを

「メレンゲアート」

と言います。

 

それでは早速、辻口さんのメレンゲアートをチェックしてきましょう!

 

それがこちら!!

 

素晴らしい作品です!!

メレンゲで書いたとは思えないほどの出来栄えですね!!

 

ちなみにガスバーナーを使って色をつけているようです。

 

もちろんメレンゲですので、食べることもできるのですが、「舌だけでなく目でも楽しめるように」という思いから始められたそうです。

 

また、作品にはを描くことが多いのですが、

このように他の生き物を描くことも!

 

こういったメレンゲアートを、辻口さんは様々なイベントにて行っているようです!

味だけでなく、見た目でも楽しませるという心意気がすごいですね!

 

機会があったら、一度見てみたいものです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

<スポンサーリンク>

 - グルメ