イエモト日記

自分ならではの目線で物事をとらえます

井上尚弥と対戦予定のバーネットの戦績やプロフィール!【WBSS】

      2018/05/26

2018年5月25日、井上尚哉が日本人最速で3階級制覇。

そのリング上で「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」の参戦を正式に表明しました!

 

WBSSというのは

「各団体の垣根を越えて、世界一強い選手を決める大会」

のこと。

 

今年の秋、「バンタム級」にて開催される予定です。

これは楽しみですね。

<スポンサーリンク>

ライアンバーネットとは?

様々な団体の王者が出場する「WBSS」

現在「WBSS」に参戦を表明している選手の中で、井上尚哉にとって一番強敵になるであろうボクサーが

 

「ライアンバーネット」


こちらが「ライアン・バーネット」です。

3種類のベルトを持っているのが確認できると思います!

 

つまり、3団体でチャンピオンになったということ!

これはかなりの強敵です!
まずはプロフィールを見ていきましょう!

  • 名前:ライアン・バーネット(Ryan Burnett)
  • 生年月日:1992年5月21日(26歳)
  • 国籍:イギリス
  • 身長:163cm
  • リーチ:168cm
  • 階級:バンタム級

プロで「19戦19勝(9KO)」という完璧な戦績。

 

それではその気になる戦績を見ていきましょう!

  1. 2013年5月24日「ラズロ・ネメパサティJr」 1RKO勝利
  2. 2013年6月28日「エリミール・ラファエル」 2RTKO勝利
  3. 2013年10月19日「レイナルド・カヒーナ」 2RTKO勝利
  4. 2013年11月16日「セルヒオ・ペレス」 6R判定勝利
  5. 2014年11月22日「バレンティン・マリノフ」 1RTKO勝利
  6. 2014年11月29日「ステファン・スラブチェフ」 4RTKO勝利
  7. 2015年2月27日「アイザック・オウルス」 2RTKO勝利
  8. 2015年3月27日「ファヤカル・メサウダネ」 6R判定勝利
  9. 2015年4月11日「ステホン・マッキンタイア」 1RKO勝利
  10. 2015年7月4日「チャバ・コバチ」 2RTKO勝利
  11. 2015年10月10日「ロバート・カナラス」 2RTKO勝利
  12. 2015年11月21日「ジェイソン・ブース」 12R判定勝利
  13. 2016年2月27日「アンソニー・セトゥル」 10R判定勝利
  14. 2016年7月30日「セサール・ラミレス」 10R判定勝利
  15. 2016年10月15日「ライアン・ファラッグ」 12R判定勝利
  16. 2017年2月25日「ホセアファト・レイジェス」 8R判定勝利
  17. 2017年6月10日「リー・ハスキンス」 12R判定勝利
  18. 2017年10月21日「ザナト・ザキヤノフ」 12R判定勝利
  19. 2018年3月31日「ヨンフレス・パレホ」 12R判定勝利

という戦績!

 

見ていただければ分かると思うのですが、12戦目以降はすべて判定です。

これは「世界戦になり敵が強くなったから倒せなくなった」ということではありません!

 

完全に計算して判定に持ち込んでいるんです!!

 

普通のボクサーはKO勝利に憧れますよね。

でも、KOするためには多少なりともリスクを背負って攻めなくてはいけません!

 

しかし、ライアン・バーネットはそれをしないのです!

つまり、「無理をせず確実に勝ちにいく」という戦術。

 

でも、攻めないとポイント稼げないですから、負けてしまいますよね。

なので、ライアン・バーネットは

要所で攻撃をして決して無理はしない

という高等テクニックを持っている選手ということです。

 

その結果、「無敗」という記録を作り出しているのです。

<スポンサーリンク>

ライアンバーネットの試合動画!

となるとやはり試合映像を見たいですよね。

 

一体どんな強さなのか。

 

さっそく試合動画を紹介していきましょう!

 

まずは初期の頃のKOしていたころの映像!

第3戦目の「2RKO」の試合です!

かなり豪快ですね。

パンチ力もありそうです。
そして次が最近の試合。

2017年10月21日「WBAスーパー/IBF世界バンタム級王座統一戦」

黒いトランクスが「ライアン・バーネット」です。

※12R判定勝利ですので、長いです。

 

いかがでしょうか。

うまく距離をとったり、クリンチしたりしてうまくかわしているのが分かると思います。

 

最初の動画ほど、攻めていないですよね。

これがライアン・バーネットのテクニック。

すごいの一言です。

<スポンサーリンク>

まとめ!

ということで、ライアン・バーネットの紹介をさせて頂きました!

 

WBSSで井上尚哉との対戦予定もありますので、注目ですね。

今までのように攻めても、かわされてしまうかもしれません。

 

井上尚哉がどのように攻めるのか、楽しみですね。

 

以上「井上尚弥と対戦予定のバーネットの戦績やプロフィール!【WBSS】」でした!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

<スポンサーリンク>

 - スポーツ