イエモト日記

自分ならではの目線で物事をとらえます

長谷川たかこ(ワカメちゃん)のwiki風プロフ!結婚や夫・子供について!

   

人生が変わる1分間の深イイ話で話題!

どもども。イエモトンだよ。

 

国民的アニメの1つといえば

「サザエさん」

 

1969年10月5日に放送開始して、来年でなんと50周年!

まさに日本を代表する作品です!

 

そんなサザエさんの人気の秘密はなんといっても人間模様。

サザエさんファミリーを中心に、多くのキャラクターが存在しています。

 

その中で今回注目したいのはサザエとカツオの妹「磯野ワカメ」

磯野家の次女。原作漫画では最終的に小学1年生で7歳の設定だが、アニメでは小学3年生。原作とアニメ版において最も性格が異なる。性格は天真爛漫で、非常に活溌である。アニメ版では「優等生」になっており、カツオと比べ存在感も薄いが、原作では立場が逆であった。連載中盤まででは、サザエに次いで登場回数の最も多いキャラクターであり、話の「オチ」を担うこともかなり多い。

引用:wikipedia

という設定。

 

この「ワカメちゃん」には実在するモデルがいるんです!

 

それが、

「長谷川たかこ」さん

という方。

 

さっそく注目していきたいと思います。

長谷川たかこ(ワカメちゃん)のwiki風プロフィール!

それでは、長谷川たかこさんについて紹介させていただきたいと思います。

 

まず最初に苗字が「長谷川」と聞いてピンときた方も多いのではないでしょうか。

 

そうなんです。

こちらの長谷川たかこさんは

サザエさんの作者である「長谷川町子」の親族なんです!

 

どういった関係かと言いますと

「姪っ子」

にあたります。

長谷川町子さんの妹である「長谷川洋子」さんの娘ですね。

 

長谷川町子さんが最初にサザエさんを書く際に、家族の人を書きたいということになり「長谷川たかこ」さんをモデルとしてワカメちゃんを書いたということなんです。

 

ということで、そんな長谷川たかこさんのプロフィールをチェックしていきましょう!

  • 名前:長谷川隆子(はせがわたかこ)
  • 誕生日:1955年
  • 出身:東京都
  • 趣味:映画、料理、デビッド・ボウイ
  • 学歴:上智大学フランス文学科、ソルボンヌ大学(フランス)

11歳で父親を亡くし、それから長谷川町子さんと生活をすることになったたかこさん。

13歳の時に町子さんの取材の同行でパリを訪れたとき、「この国に住もう!」を決意したと言います。

 

そして上智大学にてフランス文学を学んだのち、留学のため念願のフランスへ!

ちなみに入学した「ソルボンヌ大学」は世界最古の大学の1つと言われる伝統ある有名な学校です。

 

卒業後もそのままパリで暮らし「文筆家」として活動しています。

 

代表作としては

 

「ワカメちゃんのパリのふつうの生活」

「 ワカメちゃんがパリに住み続ける理由」

などがあります。

 

また、現在では

「french-code」

というパリを紹介するサイトを運営しています。

お決まりコースのパリはもうたくさん、もっと深く知りたい、暮らす人の視線でパリを楽しみたい方に、奥深いフランスの魅力を発見してもらおう!というテーマで、パリ・フランスを紹介しているサイトです。 パリのレストランやブティック、イベントなどの最新情報、フランス地方への小旅行のご提案など、フランスに来る予定のある方にとって役に立つ情報はもちろん、フランス人のプロフィールやマルシェの野菜紹介など、お家にいながらにしてパリとフランスの空気が伝わる内容をお届けします。

引用:www.french-code.com/

フランスが本当に好きなんですね。

 

13歳で決めたことを実現させているってすごいことです!

<スポンサーリンク>

長谷川たかこの家族は?

続いては、長谷川たかこさんの結婚や子供について紹介していきましょう!

 

最初の結婚は23歳の時。

大学卒業後に結婚するも、数年で離婚。

 

それもあり、長谷川たかこさんは日本を飛び出したそうです。

 

その後、フランスで出会った男性と再婚。

2人のお子さんにも恵まれたそうです。

 

現在は子供2人は家を出ており、夫と猫2匹と生活。

 

ちなみに猫は「リュリュ」「タマ」という名前だそうです。

「タマ」と名づけるのが可愛らしいですね。

<スポンサーリンク>

まとめ!

ということで、長谷川たかこさんの紹介でした。

 

原作の「ワカメちゃん」も、将来はフランスに憧れるんでしょうかw

楽しみですねww

 

以上「長谷川たかこ(ワカメちゃん)のwiki風プロフ!結婚や夫・子供について!」でした!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

<スポンサーリンク>

 - 芸能, アニメ