イエモト日記

自分ならではの目線で物事をとらえます

庄司ゆうこ(祐子)の経歴間違いで週刊文春の責任・対応はどうなる?

   

林文科大臣が通うキャバクラヨガが話題!

どもども。イエモトンだよ。

 

「文春砲」というのが世間で当たり前に使われるようになってきました。

それほど週刊文春の影響力があるということです。

 

「とんでもないスクープをすっぱ抜く」という評判になり、世間でもかなり注目されていますね。

 

しかし、プライバシーを完全無視したそのやり方に批判の声もかなり集まっています。

特に小室哲哉のときはかなり世間の反感を買いました。

 

最近の週刊文春はかなり評判が悪いです。

話題集めのために何でもありになっている気がします。

 

そんな週刊文春が2018年4月25日発売号でもまたやらかしました!

内容がこちら!!

林芳正文科相(57)が、平日の白昼、“キャバクラヨガ”と呼ばれる店に、公用車で出かけていたことがわかった。

週刊文春の取材によれば、4月16日14時半、林大臣を乗せた公用車は、恵比寿にある雑居ビルの前に到着。林氏はヨガスタジオに入り、2時間を過ごした後、待たせていた公用車に乗り込んだ。

店は、元AV女優が経営し、個室で元グラビアタレントや元キャバクラ嬢のインストラクターらが一対一でヨガを指導した後、オイルマッサージなどを行う。料金は男性客は1時間1万1000円なのに対し、女性は3000円。客とのLINE交換や食事、交際も認めており、テレビでは「キャバクラヨガ」として扱われていた。

引用:http://bunshun.jp/articles/-/7159

こちらの記事!

 

今回問題になっているのは

「元AV女優が経営」

というところ!

 

なんとこちら、

間違い!

なんです!

 

こんなことが許されていいのでしょうか。

<スポンサーリンク>

庄司ゆうこのプロフィールや経歴!

今回、林芳正文科相が訪れた店というのが

「PSY」

というヨガスタジオです。

「キャバクラヨガ」などとネットなどで呼ばれているのは確かなのですが、もちろん風俗店などではなく、健全なヨガスタジオです。

 

この「PSY」を経営しているのが

庄司ゆうこさん


まずはプロフィールを見てみましょう!

  • 名前:庄司祐子
  • 生年月日:1984年2月22日
  • 血液型:B型
  • 出身地:兵庫県
  • 身長160㎝
  • スリーサイズ:86cm・60cm・85cm

主な仕事はグラビア活動

こういった写真集を出しています。

 

そのほかにも、女優としての活動であったり、アイドルグループ「スーパーラッキーレッグス」として活動もしていました。

 

ただ、AV女優としてはいっさい活動していません!

 

恐らく週刊文春が間違えたのは、

  • ヘアヌード写真集を出していること
  • 「おねがい!マスカット」というAV女優が中心のグループにいたこと

によるものだと思われます。

また、ネットでは「AV女優の庄司みゆきと間違えたのでは?」とも言われていますね。

 

どちらにしても、明らかに間違った情報流してしまっているのです。

<スポンサーリンク>

庄司ゆうこの対応は?

この誤情報を受けて、当の本人である庄司ゆうこさんはご自身のブログでこのように書いています。

 

記事の内容はあたかもいかがわしい内容を想像させるもので事実とはまったく違うため断固否定をさせて頂きます。

また、わたくし庄司ゆうこは元AV女優ではなく、元グラビアです。

このような過去の経歴や軽率な記事の掲載により、間違った想像をかきたてる週刊文春の記事はセクハラであり、職業差別と感じます。
訂正と、謝罪を求めたいと思います。

引用:https://ameblo.jp/shojiyuko/entry-12370981085.html

当然のことですよね。

この記事のせいで、勘違いする人も大勢いるでしょうから。

 

マスコミの影響力というのはかなりのものです。

人の運命を大きく左右させるだけの力を持っています。

 

だからこそ事実に基づいて情報を提供する義務があるでしょう。

スクープ欲しさに、なんでもやっていいわけではありません。

 

25日発売号ですから、週刊文春はすでに書店に回っており、今からの発売中止は不可能な状態となっています。

ですので、速やかな訂正が必要になるのですが、今のところ週刊文春は何も対応していないようです。

 

このまま何もせずにいる気でしょうか。

週刊文春の対応に不満を感じます。

 

「PSY」の店舗にもかなりの問い合わせがあったようで、対応に追われているようですね。

今回の騒動で、「PSY」が悪い影響を受けないことを願います。

 

今後進展があれば、追記していきたいと思います。

<スポンサーリンク>

 - ニュース