イエモト日記

自分ならではの目線で物事をとらえます

中華航空で騒いだ日本人は誰?顔写真は?遅延による賠償責任はどうなる?

   

中華航空で日本人が騒いで引き返しが発生!

世の中には様々なニュースが流れますが、見ていて気分の悪いものも多い。

 

本日話題のニュースもその1つ!

台湾の空港を離陸直後のバンコク行き中華航空835便が9日、空港に引き返した。乗客の日本人3人が乗務員の指示に従わずに騒いだといい、4時間の遅れが出た。共同通信が報じた。

3人は福岡から搭乗し、酒を飲んで大声で騒いだため乗務員が制止。しかし1人が喫煙を始めるなどして乗務員と口論になったため、機長が引き返すことを決めたという。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/14009373/

正直な感想として、同じ日本人として本当に恥ずかしい。

 

飲酒して周りに迷惑をかけたあげく、注意も聞かない。

さらに禁止されている喫煙もする。

 

何をもってこんな行動を取ったのか理解もできない。

 

もう少しこのニュースについて調べてみたいと思う。

<スポンサーリンク>

日本人は誰?

このニュースで世間の関心になっているのが、

どんな人間なのか

ということ。

 

日本のニュースでは名前も年齢も職業も何も発表されていない。

その写真ですら公表されていない。

 

何もまだ情報がないわけではない。

なぜならば、「蘋果日報」ではその画像を入手しているのだ。

 

しかし、日本では公表されない。

これだけのことをしているのにだ。

 

ということで、「蘋果日報」にてすでにニュースになっているものを出していこうと思う。

 

その画像がこちら。

画像引用:https://tw.appledaily.com/daily

こちらがその3人。

 

画像が少し分かりにくいので、別の写真だと

ニュースでは2人しか拡大されなかったので、もう1人は分からず。

 

また、さすがに海外メディアでは名前や年齢までは特定できなかったもよう。

 

ただ、この画像すらも公表しない日本のメディアはどうなっているのか。

<スポンサーリンク>

遅延による賠償責任は?

これだけのことをしでかしたからには、責任問題になってくる。

 

飛行機が4時間遅延はかなりのもの。

 

一般的に、病気・怪我などが原因で遅延の場合は、その責任は問われないことが多い。

もともと、電車や飛行機などには、「到着時間は確約できないもの」としており、乗客もそれを同意のうえで利用していると解釈されているためである。

 

ただ、今回の場合は、そのケースには当てはまらない。

 

おそらく数百万単位の賠償が発生するものと思われる。

 

個人的にはもっとあってもいいのではと思っているが、乗客数が240人だったことと、4時間という時間から数百万になりそう。

ただ、金銭面だけでなく、社会的には制裁を受けることになると思われる。

 

これまで積み重ねた信用が一瞬で崩れ去るのだから。

 

こんなニュースは今後なくなることを願う。

<スポンサーリンク>

 - ニュース